住まいづくりサポーター屋根係の瓦ブログ

三州瓦メーカー(株)山平のブログです。平板陶器瓦を中心に製造をしている会社です。

瓦屋根が彩るヨーロッパの街並み

先日テレビを見ているとクロアチアのザルツブルクの街を紹介していました。 ヨーロッパにも瓦屋根があるって皆さんご存知でしたか? 輸入瓦としてスペインやイタリア、フランスから日本にも輸入されています。 日本の銀色の色合いとは違って、ヨーロッパでは…

屋根のプロから見て、一枚の写真から分かることを熱く書いてみます。

たった一枚の写真からでも、僕たちはプロとして一般の方が感じないような様々なことが言えるのではないかと気づいた土曜日の午後。 画像を見ながら、気づいた点をお話ししてたら、凄く驚かれまして・・・ 少し熱くなっている状態で書いてみます。 庁舎から見…

混ぜ葺き屋根にしたいんだけ色の比率で悩んでる方へ

屋根を一色で同じ色にするのではなく、様々な色を使って屋根に表情を出したい! そんな屋根を僕らの用語では、混ぜ葺き(まぜぶき)と言います。 例えばこんな感じ。 南欧風、プロヴァンス風なんて呼ばれることもあるスタイルですね。 しかしこの屋根の比率…

いぶし瓦は色が経年変化で色がムラになってくるのが良いところ

いぶし瓦の魅力について自分なりに思っていることを書いてみます。 少しでも魅力が伝わるようにマニアックなことを分かりやすく書いていきますね。 まずはおさらいです。 いぶし瓦は焼成の最後の工程で燻化(くんか)して色を出す瓦です。 瓦全体・裏表が同…

いぶし瓦と釉薬瓦の違いを分かりやすく書いてみます

今回はいぶし瓦と釉薬瓦について書きます。 いぶし瓦とは 瓦の種類の一つであり、製法の違いにより「いぶし瓦」と分けられます。 素材の粘土は基本的には同じなのですが、色を出すための製法が違います。 瓦を焼きあげる最後の工程で、密閉された状態で無酸…

雨に濡れる瓦の艶と機能美について

梅雨の季節がやってきました。 私達瓦業界は外での仕事がメインですので、雨が降ると作業が進めることができず困ってしまうこともあります。 しかしながら、私が感じる魅力の一つとして雨に濡れた瓦の艶っぽさは本当に美しいと思っています。 もともと日本の…

鬼瓦の上についてるチョンマゲみたいなものって何?

今回は鬼瓦の話です。 お寺の屋根や、和風住宅の鬼瓦の上にチョンマゲみたいなものがついている時があるのをご存知ですか? あまり注意深く見たことないかも知れませんが、ちょっと気にしてみると面白いものが見れるかも知れません。 屋根の左についている鬼…

素材独特のいぶし色を使った花器がオシャレ

ちょっと変わった瓦素材の花器のご紹介です。 いぶし瓦の素材を使って家庭で楽しめるものがあります。 よーく考えたら、この独特のいぶしのネズミ色を出すことができるのは、瓦の街だからこそなんですね。 他の素材ではない色味・風合いが魅力です。 いぶし…

三州瓦の街並みは多彩な色使いにあり 目からウロコでした

今回は三州瓦の街並みについて書きます。 私は三州瓦の製造メーカーとして仕事をしている際に、統一感のある誇れる街並みがないなぁ・・・ っと悩んでいたのですが、目からウロコな出来事がありました。 ここで少し瓦の産地のことを少しお話します。 瓦の三…

なぜ瓦の一文字葺きは高いの?

表題の「なぜ瓦の一文字葺きは高いの?」ですが、某質問サイトにありましたので、少し丁寧に説明します。 結論から言います・・・ 一文字葺きが高くなるのは、施工の手間が一番掛かるからです!!! あ、理由が分かったからって帰らないで下さいね(笑)。 …

屋根勾配によってメンテナンス費用が変わります

屋根の勾配(こうばい)によってメンテナンス時の費用が変わってくるんです。 なかなかイメージしにくいですよね? 屋根には雨水を排水するために、角度がついています。 水平方向に10いった時に、いくつ垂直方向にいくかで〇寸勾配と言います。 一般的な屋…

日本を出て世界を知ったからこそ分かる日本の良さ

今日は少し毛色の違った話を書きます。 とても刺激的な出会いがあり、その方との会話の中から感じたことを書きたいと思います。 縁あってオランダを拠点にヨーロッパで注目を集める若手デザイナーのハヤシツヨシさんとお会いする機会がありました。 以前ネッ…

雨漏りの発生原因の一つ 瓦がズレてくるワケ

雨漏りの発生原因の一つとして、瓦のズレがあげられます。 たとえば、上の写真のような状態です。 なぜズレてしまったんだろう? 原因について少し説明しますね。 この瓦屋根は80年くらいの建物だそうです。 その当時に乗せていただいた瓦が今も現役で使われ…

屋根にコダワリを表現できる場所 本棟編

屋根にコダワリを表現できるシリーズ。 今回は本棟編です。 過去においては、軒先瓦と袖瓦をすでにやってみたので、そちらは参考にして下さい。 瓦屋根のプロである私達がお施主さんのコダワリを感じる部分 軒瓦編 - 住まいづくりサポーター屋根係の瓦ブログ…

室内にも瓦ガーデニングチャンスがありました

先日、瓦のガーデニング用の小端立て瓦を発見したので、応接室に並べてみました。 ちょっと応接室のランクが上がった気がします。 瓦ってこの一つのアイテムだけで、場の空気を変えることができるんだなぁ~。 そして、落ち着きます。 こちらも空いたスペー…

谷部分からの雨漏りの原因 谷樋の穴あき

今回は屋根の修理の中でもよくある谷樋(たにとい)について書きます。 谷ってどこなの? まず谷の場所ですが、屋根の合わさる部分で谷折りのところです。 っといってもなかなかイメージできないので、写真で説明しますね。 この写真で言うと④の部分です。 …

屋根の修理・リフォームについて考えてみる

昨日の記事のことがなかなか頭から離れません。 屋根の修理は、やっぱり屋根専門店にお願いした方が良い。 - 住まいづくりサポーター屋根係の瓦ブログ その後、調べてみると様々な被害に合われている方が多いようです。 これは、相談先がないからではないか…

釉薬瓦の色の可能性にチャレンジした彩の瓦

瓦は釉薬と呼ばれるウワグスリをかけ、発色させ色を出します。 平板瓦ですと、黒色•銀色•茶色•緑色というのが基本色です。 山平|プラス1防災 こちらをご参照下さい。 釉薬の配合によってはどれくらい色を出すことができるのか? 展示会用にチャレンジした…

新しいカタログできました

今日は会社の新しいカタログが完成したのでお知らせします。 今回は山平の平板瓦、AN-3(エイエヌスリー)、プラス1防災、カントリー調。 以上の3つのカタログです。 AN-3(エイエヌスリー) 表面です。 表は今回は現代和風をテーマにデザインしています。 …

瓦の色を変えることで出来る遊び心

瓦ってこんなこともできるんですよぉ~ 瓦で「瓦」の文字を屋根に表現。 まさに瓦店さんだと!! 屋根から主張してるのですね。 他にも目にしたことがあるのは・・・ 「コーヒー」 喫茶店なんでしょうね。 写真がないのが残念です。 アイデア次第で屋根にも…

プラス1防災のネーミングの由来についてお伝えします

商品名のネーミングシリーズ最終章?(笑) 前回までの商品名は下記よりご確認下さい。 AN-3(エイエヌスリー)の名前の由来について書いてみます。(動画あり) - 住まいづくりサポーター屋根係の瓦ブログ SL(エスエル)瓦ってなんで、SLって言うの? - 住ま…

屋根材選びで光熱費が変わってくる可能性があるんです。

屋根材に求められる性能について考えてみると、一番最初に重いつくのは・・・ 雨から守る、雨漏りしないこと これが一番大事です。 屋根は大切な家族を守るためのものですから、当然といえば当然です。 今の屋根材は技術も進化していますし、ある程度の防水…

南欧風•プロヴァンス風住宅に合う屋根瓦

住宅のスタイルの中で、南欧風・プロヴァンス風というジャンルがあります。 これはフランスのプロヴァンス地方に多い建物のスタイルを真似たスタイルの建物のことです。 白い壁に、赤系の少し屋根に色のムラがある青い空に似合うスタイルですね。 フランス・…

中華街でも上を見上げると特別な瓦を見ることができます

歌舞伎座に続いて横浜中華街に観光に行ったのですが、やはり特徴的な屋根がありました。 象徴的な中華街の門ですね。 色が鮮やかで目を引きますよね。 注目していただきたいのは、軒先の瓦なんです!!! 門以外のところにも瓦が使われているところは、たく…

歌舞伎座の瓦屋根にまつわる秘密の遊び心とは?

GWをいかがお過ごしでしょうか? 私は毎年学生時代の仲間との予定があり、家族で上京するのがお決まりのパターンです。 せっかくだからと観光もするのですが、やっぱり屋根を気にして見てしまいます(笑)。 今回はどうしても見ておきたかったのが銀座にある…

SL(エスエル)瓦ってなんで、SLって言うの?

商品名の秘密に迫るシリーズのようになってきております。 SL(エスエル)の名前の由来は? 実はSL瓦には2つの意味が込められています。 1.商品のサイズによる意味 これは見た目のサイズ感によるネーミングですが、S形瓦のロングサイズの意味によるSL。 ↑…

AN-3(エイエヌスリー)の名前の由来について書いてみます。(動画あり)

今日は自社商品のことを少し書きたいと思います。 たまに聞かれるのですが・・・ なんでAN-3(エイエヌスリー)なの? AN-1ってあるの?なんて聞かれることもあります(笑)。 AN-1は存在しません!!! 実はAN-3のANは安心のアンなんです!!! そしてAN-3はA…

袖瓦もオリジナリティを表現できる場所なのですね。

以前軒先瓦の種類について書いてみたのですが、今回は袖瓦についてお伝えしたいと思います。 J形瓦(和瓦)のバリエーションについて書いてみます。 実はJ形瓦はいろんな場所でオリジナリティを出すことができる瓦なのです。 袖瓦ってどこの部分? 袖部分に…

かわらぬ仲間、かわらぬ瓦 昔のCM

私たち瓦業界も昔は三州瓦の組合でCMをしていた時代があります。 私が覚えているのは、植木等さんと、谷啓さんの共演したCMです。 かわらぬ仲間、かわらぬ瓦。 それでは、YOUTUBEで見つけましたのでどうぞ。 30s 植木等 谷啓 CM 2003年 三州瓦 - YouTube 何…

住宅を建てる前に知っておきたい屋根修理や工事のこと。

屋根工事の流れは、私達にとっては当たり前のことですが、どういう流れになるのか初めての方は不安なのだと思います。 この流れを知って少しでも安心していただきたいと思って、書いてみます。 屋根の全面葺き替え工事に関しての流れで説明します。 今屋根に…

ついつい瓦が使われてるお店が気になってしまいます

街を歩いていても、ついつい屋根を見てしまう私ですが、お店の玄関先もちょっと瓦があるだけで雰囲気が変わります。先日も東京の商店街でも見つけたのでパシャリ。名古屋の駅前でも見つけたのでパシャリ。入口の上に本のちょっと瓦が使われているだけですが…

軒の出がない住宅のメリット・デメリットを自分なりに考えてみる。

最近デザイナーズ住宅などで、軒の出がない家が増えてきている気がします。 そこで、軒先の出がない家のメリット・デメリットについて考えてみました。 一長一短ありますが、各家庭によって状況が違いますので、この点を踏まえて判断をする際の参考にしてい…

瓦の色でもだいたいの年代が分かるので屋根の修理のタイミングの目安にして下さい。

瓦にも色の流行があり、瓦の色によって年代が分かるものもあります。 色の名前で言いますと、青緑(せいろく)・青銅(せいどう)・マロンピンク。 これは約30年ほど前に非常に多かった色です。 青緑(せいろく)色 これが青緑色の一枚の画像です。 青色の瓦…

屋根の棟部分の白い詰め物が取れてきた時の修理

棟の部分には瓦同士の間の空間を埋めるために漆喰(しっくい)や、ナンバンと呼ばれる物や土が防水のために詰められています。 地域によってはモルタルを混ぜることもあります。 この漆喰がないと雨が入ってしまうことがあるために、雨水のの侵入を防ぐため…

屋根の修理について考えてみる

今後しばらく、屋根の修理、屋根のリフォームについて書いていこうと思います。屋根の修理は、分からないことだらけだと思います。その困りごとの解決のヒントになればと思います。瓦は一枚からでも交換できます。上の写真のように、何かの衝撃などで一枚だ…

日本には古来からハート型のカワイイ柄がある。

地元の鬼瓦の職人(鬼師)さんの工房に寄らせてもらって聞いた話です。 何気なく鬼瓦を見ていると・・・ カッコイイなぁ~。 あれ? よく見るとハート型がある! なんでこんなにカワイイハート型が付いてるんでしょうねぇ? 以前から思っていた素朴な疑問を…

瓦の種類、J形・S形・F形の違いとは。サイズ編

瓦と一口に言っても様々な種類があるのです。 具体的に言うとJ形・S形・F形。 ①J形瓦とは J形は昔ながらの和風の瓦のことです。 和瓦とか和形とも呼ばれます。 和風、JapaneseのJを取ってJ形と呼ばれます。 ②S形瓦とは アルファベットのSの字のような瓦とい…

屋根の場所ごとの呼び方 それぞれの場所に合わせた瓦があります。(寄棟屋根の部位)

前回は屋根の部位名称(切妻屋根の部位)をお伝えしましたが、今回は寄棟屋根(よせむねやね)の部位名称です。 その前に屋根の形(屋根形状)のおさらいもしておきましょう。 今回は、左上2番目の寄棟屋根(よせむねやね)を例に説明します。 ↓屋根形状に関…

屋根の場所ごとの呼び方 それぞれの場所に合わせた瓦があります。(切妻屋根の部位)

屋根と一口で言われることがあるのですが、屋根の場所ごとの用途に合わせた瓦があります。 瓦の一番先のところ・・・とか一段高くなってるところ・・・ だいたい分かるのですが、場所の名前が分かると電話でも話が速いことが多いです。 っということで、屋根…

瓦にヒビが入ってるんじゃないかと心配されてる方へ 貫入の場合があります

「瓦にヒビが入っているんだけど」っとお問合せがくることがあるのですが、貫入(かんにゅう)という現象の場合があります。 こういった瓦の表面に小さいヒビが入ったような現象です。 これは瓦の素材である粘土と、表面に塗られている釉薬との熱による収縮…

一般の方の瓦に対するアンケート結果を見ていて元気づけられました。

3月に瓦製造の組合で茨城県にお住まいの方へ瓦に対する声をお聞かせいただきたいとアンケート広告をやらせていただきました。 地震に対する誤解があるのではないかということで、ガイドライン工法のPRも兼ねての広告です。 いただいたアンケート結果を再度見…

甍のある風景 展示会の時に流した動画をやっと入手できました!

3月に東京ビッグサイトにて開催された建築建材展2014に出展した際に作った動画がやっと入手できました! メイン通りに面したこの大きな瓦屋根の下で流していた動画です。 MCの方が話をしてくれたプレゼンテーションも評判が良かったのですが、こちらの動画も…

大人の社会見学できますよ。瓦製造工場を見学してみませんか。

瓦ってどうやって作っているんだろう? 私にとっては小さい頃から見ている光景ですが、普通は想像つきませんよね。 今回は写真を使いながら工場見学気分を味わっていただきたいと思います。 まずは粘土をダンプからホッパーと呼ばれる供給機に入れます。 一…

瓦屋根のプロである私達がお施主さんのコダワリを感じる部分 軒瓦編

今日は私達瓦のプロが見てコダワリを感じる屋根の部分について書きます。 コレを読んで興味を持って屋根を見てくれるようなったら嬉しいです。 分かってくると、様々なモノが目に入ってきて面白くなりますよ。 職業柄いろんなお家に行くとついつい屋根を見て…

雪が屋根から落ちてこないようにする方法(雪止め)

久し振りに雪に対するお問合せをいただいたので、再度瓦屋根の雪対策を書きます。 まず、大雪が降った際に、どのタイミングでどんなことが起きるのか。 実は雪が降ってるタイミングではなく、雪が止んで雪が溶け始めたタイミングに問題が起こります。 上の写…

空手の瓦割りで瓦が割れる本当の理由

CMで話題の瓦割りなのですが、瓦が割れるのには理由があるんです。 一言でいいますと、あの種類の瓦は割って使うための瓦なんです! え?どういうこと?って思いますよね? 画像も使って説明していきます。 セゾンカードのCMで衝撃的だった瓦割り。 ↓まだ見…

瓦と他の屋根材を屋根材体系図を使って整理してみます。

住宅で使う屋根材を整理する上で屋根材体系図という図がとても分かりやすいので、それを使って説明します。 こちらが屋根材体系図です。 屋根材を大きく分けると4つに分類できます。 窯業系・自然系・化学系・その他 瓦は窯業系になります。 まずは、瓦以外…

屋根は遠くから見るものなので、近くで見た印象とは違います。

瓦に吹き付けで屋根に独特のムラが出るように表現した物があるのですが、よく言われることがあります。 「一枚で見ると汚いよね(笑)」 私達も最初は吹き付けの釉薬を少な目にして、キレイに作っていました。 しかし試作したものを屋根に載せて離れて見てみ…

瓦の色付けは塗装ではないので色の塗り替えは必要ありません

質問サイトで、瓦の塗装についての質問が多かったので、情報を整理します。瓦屋根は色の塗り替え、再塗装は必要ありません。理由を簡単に一言で言うと塗装ではないからです!ここで瓦のことを整理しますと、粘土を形に固めて焼き上げたモノだけが瓦なのです…

大人になっても大切にしたい思い出の場所

突然ですが、屋根の上って登ったことありますか? 上がったことないという方が多いということに最近気がつきました(笑) 私の個人的な経験と思い出から話ししますので、ご了承ください。 私は小さい頃から瓦の街で育ったためかどうかは分かりませんが屋根の…